ベラジョンカジノとは

ベラジョンカジノ 詐欺

11/01/2019

ベラジョンカジノで「イカサマ」「詐欺」などの口コミや評判が流れているようですが、そもそもそんなことをベラジョンカジノでやっていたら、今現在ベラジョンカジノは存在しているのでしょうか?

尚且つ、数あるオンラインカジノの中で絶大な人気を誇ることが可能なのでしょうか?

その辺を今回クローズアップしていきたいと思います。

大まかに、ベラジョンカジノが「イカサマ」や「詐欺行為」ができない大きな理由を紹介いたします。

注意ポイント

1・カジノライセンスの取得
2・第三者機関の監査の実施
3・ゲームを制作しているのは別会社


以上の3点がキーワードとなります。

一つずつ解説いたします。

非常に難易度の高い国家的なライセンスを取得して運営されている

まず、大前提としてオンラインカジノを運営するのに必須なのがライセンスです。
このライセンスを取得するのに莫大な費用と時間がかかります。
勿論厳しい監査や更新が頻繁に実施されているんです。
「詐欺」「イカサマ」をしてライセンス剥奪という事になったらすべての努力は水の泡となってしまうのです。
ですから、そういう観点で見ても信頼性が高い証となるのではないでしょうか?

実際にベラジョンカジノはキュラソー(C.I.L Curacao Interactive Licensing N.V)ライセンスと認可を受けています。
このライセンスは非常に高い信頼性を担保していることでも有名なものとなっています。
実際にライセンス取得をすると公式HPに記載されているのでご覧になって見てください。
詳細はこちら>>オンラインカジノの信頼性はどこで図る

監査機関を第三者に委ねて公平性を担保している

上記のようにライセンスという評価制度を活用しつつ、更に第三者機関を利用して徹底的な監査体制を取っているのも重要なポイントとなっています。
基準についてもかなり厳しい内容になっているようで、レートや配当に違反行為がないか、様々な視点で違法行為はないかなど厳しい目に晒されていることとなります。
オンラインカジノを運営する業界内では「TST」「GLI」「eCOGRA」などの第三者機関が非常に知名度も高いものとなっています。ベラジョンカジノはeCOGRAが担当しているようです。

数多くのゲームは全て別会社が制作

ベラジョンカジノで運営されている数多くのゲーム全てはいくつものゲーム制作会社が作成したものであります。
ベラジョンカジノはそのゲームを運営しているにすぎないのです。
勿論、ゲーム制作会社にも第三者機関が介在し、厳しい監査が実施されています。
ベラジョンカジノは制作会社の委託先の監督責任も発生することとなるわけですから・・・
また、機種によっては乱数発生器という機会を導入して確立論すらままならないコンピュータを導入することで、よりイカサマができないよう設定がされてもいるようです。

いずれにせよ、ベラジョンカジノはオンラインカジノの業界の先駆者と言っても過言ではありません。
事実、国内でのアクセス数についてはダントツで登録数も非常に多いオンラインカジノです。
日本人にとっても優しい、オンラインカジノで名を馳せているのが現状です。
サポートも充実しており、色々なイベントも準備されています。
是非この気化器に登録されて、ちょっとプレイしてみるのもよろしいのではないでしょうか?
きっと、のめり込むこと間違いありませんよ。

\いかがでしたか?この記事は??/

-ベラジョンカジノとは
-, , ,

© 2020 ベラジョンカジノ 紹介