オンラインカジノとは

オンラインカジノの歴史

08/19/2019

オンラインカジノ 誕生

世界で初めてオンラインカジノが知られたのは1996年位になりますかね。
人間でいえばやっと成人した位という感じですね。
まだまだ、これから成長する業界なんではないでしょうか?
今ではインターネットで検索すれば山ほどの情報があふれ出てくる時代ですね。
今後も私達「日本人」に馴染みあるものとなるでしょう。
という事で、日本ではまだまだ反映するであろう業界ですね。

オンラインカジノで信頼を勝ち取るために必要なライセンス制度はたくさん存在していますが、初めてこのライセンスを発行したのは、1994年にイギリス加盟国であるアンティグア・バーブーダであります。
世界で初めて正式なライセンスを発行する法律が可決されたんです。
今でもオンラインカジノ運営会社がアンティグア・バーブーダ政府公認ライセンスを利用していますよね。

オンラインカジノ ソフトウェア会社

英国領マン島に拠点を置くソフトウェア会社であるマイクロゲーミング社は完全動作を実現したオンラインカジノソフトを開発、その後多方面から参入が相次ぎ今に至っているわけですね。
オンラインセキュリティソフト開発会社クリプトロジック社はインターネットの金銭取引を安全確実に実施するソフトを提供することにより、1995年に初めてオンラインカジノInterCasinoが設立することとなるんですね。

政府公認のライセンスをしっかり取得しており、世界で初めてオンラインカジノを提供した業者であることはいうまでもありません。

1998年頃になるとオンラインカジノの世界にもリアルカジノで運用されている「ジャックポット」のシステムが導入されることとなり、更にオンラインカジノが大きな興奮を味わえる環境に変化していくのでした。

オンラインカジノ 日本

21世紀にはいってくると徐々にではありますがオンラインカジノ業界が「日本」を意識し始めることとなります。
そうです。日本語対応をするオンラインカジノ業者が増えてくるのです。
しかしながら、その状況はひどいもので「直訳」ですから読みにくい内容のものばかりで、ゲーム自体は非常に面白いものが沢山あったのですが、日本語表記がハチャメチャだったために日本人の取ってはオモシロミガ半減するという状況でした。

その後、環境がかなり変化したこともあり完全日本語対応の業者が続々と進出、中でもインペリアルカジノは日本語対応サポートが群を抜いており日本人にも信頼される業者となりました。

その後、アジア圏に対するオンラインカジノ業界の進出は目覚ましく、ジパングカジノベラジョンカジノなどが日本に参入。
日本におけるオンラインカジノ普及の礎となるのでした。

現在、日本でもカジノ法案というものが進んでおり、日本人にとってカジノというものが、馴染み深いものとなることは必至でしょうね。

この記事では、オンラインカジノの歴史について書かせていただきました。
このページはさらっと流していただいても良いと思いますが、オンラインカジノを始めるうえで知っておいても良いのではないかと思います。

オンラインカジノ業界のこと、ライセンスの事、法律の事と若干触れております。
今後、その辺の深堀もしていき、皆さんのオンラインカジノに対する不安を取り除くことができるように記事更新をさせていただきます。

\いかがでしたか?この記事は??/

-オンラインカジノとは
-, , , ,

© 2020 ベラジョンカジノ 紹介